MENU
本物の家づくり

アベ食う寝る55 シングルマザー、家を建てる。

今度はなんだ!というタイトルです。

このタイトルを昨日口に出したら、
お向かいの誠さんが笑ってた。
ほんとうに、「ゆきちゃん今度はなんだ!」って思ったんでしょうね。

笑われたっていーんです。
この夢は、私のものですから。

シングルマザーの私が家を建てたら、
(あ、私がシングルマザーだってご存知でしたよね?)
こんなにも驚きと、それと同じだけ夢のある家はないんじゃろうかと思います。

一昨日の夜、
クウネルを読んでいたら、同じような話を見つけましてね。
「33を過ぎた頃、私はいよいよ結婚しないんじゃないかと思った。
 それなら、自分のために家を建てようと、思った。」

会ったこともないこの女性と、
握手をしたいくらい。
握った手をそのまま引き寄せて、ハグをしたいくらい。

もう廃刊になったクウネルを日本中あっちこっちからかき集めてせっせと読んでいたのは、この瞬間のためだったんじゃないかと思うくらい。

*

ここ一ヶ月くらい、私はひどく落ち込んでいて。
お弁当が可愛くても可愛くなくてもどうでも良かったし、
クウネルを放り投げて、闇金ウシジマくんばっかり読んでた。
そういえば、パンもケーキも焼くのが嫌になって、
ブサイクな顔で文句ばっかり、言ってた気がする。

そのまま、最近の二週間に突入して、
気持ちの落ち込みはますますひどくなって。
(もちのろん、お仕事はちゃんとしますけどね。
見積とかも3倍速でできるようになったし。
なんとなく業者さんともそれっぽく話ができるようになったし。)
でも、気持ちだけがどうにもこうにも着いてきてくれなくて。

まーちゃんに、「お願い。一緒にお祓いに行って。」って、
アベイエの台所でお茶碗拭きながらちょっと泣いたくらい。

このまま真っ直ぐ行ったら、私どうにかなってしまう。って、そのくらいにね。

でもそんなとき、クウネルのなかで、
女の人がひとりで自分のための家を建てたハナシを読んで。

結構本気で、こうなりたい。って思っちゃった。
(前々からちょっとは思ってたけど、王子様の降臨も諦めてなかったからね。)
結構本気で思ったから、誠さんに、
「シングルマザープラン描いてください。
ちっちゃくて良いんで! ほ!ん!と!に!」って言ったりしてね。


武田鉄矢の今朝の三枚おろしってラジオ聴いてる人いる?

これを読んで手を挙げてるのって、私の父親のトミーくらいだと思うけど。
そのラジオでさ、武田鉄矢が落合陽一の著書から「住宅ローンに将来を売り払う」みたいな言葉を引用してたけど、
本当にそれってそうなのか?
家を持つってことは、そんなに悲しくてヒリヒリしたことなのかい?

私は、違うと思うけどな。
アベイエがアベイエになって行く過程をずーっと見て、ずーっと書いてきたけど、
自分や、自分の家族のために、
あれだけの人が集まって一生懸命に大事に作られたものが、
そんなパサパサした無愛想なものだとはどうやったって思えないけどね。
「住宅ローンに将来を売り払う※それはその人が建てた家によります。」って注意書きを入れてよ。

私の先の人生が、
その家でのどっぷり幸せな暮らしのためのものならば、
喜んで働いて、喜んで住宅ローン返してくけどね!


私が書きながら迷子なのは、オミトオシ?

人に会ったり、人に会う準備をコツコツしていたら、
元気になってきました。

事務所でゆかさんとドリンクバー。
(女子クラブで飲み物何を出そうかね。って。)

*
アベ謹製
左:ジンジャーエール
右:レモンスカッシュ
ふたりでキャーキャー言って飲んだの。

*
来月からはじまるワークショップの打合せに行ったら、
ちゃっかりやらせてもらったり。

*
楽しくて、またキャーキャーした。

*
クウネルにはね、女子クラブでやりたいことがいっぱい。

みんなでちっくりちっくり前掛け縫って、
そこに刺繍をするの。

でもね、あたし何にもわかんないの。
前掛けが縫えるわけじゃないし、刺繍なんてやったことない。
でも、「やりたい人―!」っておっきな声で呼んだら、
ひとりくらいできるでしょう?
そんな人を見つけたら、全力でおんぶに抱っこで教えてもらう。
ひとりだったら即挫折。
でも、ひとりじゃないならやってみたい。
みんな下の名前で呼び合ってさ。
そんな女子たちの集まりをやりたいね。
(もう既に保存食とか、発酵とか関係ないけど(笑))

私ね、刺繍するなら、絶対すずらんって決めてる。
すずらんってあんなに可憐な花なのに、しっかり毒を持ってるの。
そんな女性に、なりたいの。

*おかゆを炊いてみるとか、どうだろう?
梅干しとか、佃煮とかを持ち寄って。
絶対楽しいよね。


昼休みにクウネル読んでたら、
チョコの包み紙、たくさん。

ゆかさんがおやつにくれたチョコが美味しくて、可愛くて。
ゆかさんが食べた分の包み紙までもらったの。

このチョコも、昨日読んだクウネルに載ってたっけ。
新潟、行こうかな。


ふー、パジャマ、夏仕様。

ズボン、ひざ下まであるはずなのに、
起きると必ずこうなってる。


*アベ食う寝る は、スタッフ安部の日常です。
娘のふーと、その他にぎやかな家族たち。

大事件と夢のようなミラクルは、どう頑張っても起こらないけど、
そこには、安部家の根っこをはった暮らしがあります。

*アベイエは見学できます。
見学希望日2日前までに教えてくだされば、ちょっと掃除もします。
掃除しないversionもありますが、それはそこそこ雑多です。

アベ食う寝るのバックナンバーはここから。

〇アベイエが建つまでの様子は↓から。

Roots工務店のブログ

「本物の家づくり」

アベ食う寝る72 生姜の佃煮塩昆布

前回の更新から、 二週間ですって。衝撃。 …

このブログの記事一覧

Roots工務店のブログ

「モデルハウス・ショールーム」

秋色に少しずつ

急に肌寒くなってきて、 すでに薪ストーブのお世…

このブログの記事一覧

Roots工務店のブログ

「木工所のものづくり」

栃木県 那須町 S様邸

お疲れ様です。 木工所の渡邉です。 先日…

このブログの記事一覧

Rootsデザイン室のブログ

「家と暮らし」

檜の家と育てる暮らし

Roots猪苗代では、Shopやカフェと併せて、…

このブログの記事一覧

Roots Shopのブログ

「本物と育てる物語」

– 万華鏡にひらく百の花 – 好評開催中です!

GOSHIMA絨毯新作「百花万華」発表展 – …

「Roots Shop」の記事一覧

ブログカテゴリー

月別アーカイヴ