MENU
本物と育てる物語

本物と育てる暮らしコラム①

Roots Shopが提案する「本物と育てる暮らし」。

作り手が想いを込めて、丁寧に作り上げた「本物」と共にある暮らし。
愛着を持って長く使い続けた「本物」と過ごしてきた暮らし。
「本物」とこれから作り上げていく明るく素敵な暮らし。

そんな本物と共にある「暮らし」をご紹介するコラムです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本各地で古くから作られてきた「竹籠」。
農閑期の手仕事として作られてきた竹籠も、今では作り手も少なくなってきています。

Rootsのデザイン室スタッフが自宅から持ってきた竹籠。
スタッフのお母さんが結婚した40年前に購入したものだそうです。
作家もののこの竹籠は、当時も結構なお値段がしたそう。
「せっかく買うならいいものを」と、奮発してがんばって購入したものだったそうです。

とても40年前から使用しているとは思えない素敵さ。
頑丈に、かつしなやかに編み込まれた竹、美しく整えられた形、飴色へと変化した色味。
家族でピクニックの際などによく利用した、そんな思い出がたくさん込められているそうです。

そして、購入から40年経過した今年、
この竹籠と全く同じ、新品の竹籠に出会いました。

「小林ミドリ竹籠店」の「夢二籠」。
40年前は小林ミドリさんご本人が、現在は娘さんたちがその後を引き継いで製作をされています。
40年間、作り手は変われど、全く同じ素材、形、デザインの竹籠がずっと作り続けられてきたということ。
これって、そうそうあることではないと思います。

新品の夢二籠を見たスタッフはとても喜んでいました。
それと同時に、まだお母さんの竹籠が青かった頃のこと、子どもの頃の記憶がパッと蘇ってきたそうです。
目の前にある竹籠は40年経過した飴色の竹籠。
でも頭の中の思い出と共にある竹籠は、まだ購入したばかりの青みがかった竹籠。

40年の月日を経て、全く同じ新品の竹籠に出会うということ。
本当にすごいことだと思います。
人は、一緒に過ごす「もの」に想いを込めます。
でも、大抵の「もの」は思い返されることなく、捨てられてしまうことが多いです。

たくさんの思い出の詰まった「もの」を、何十年と使い続けていくこと。
今回スタッフが新品の竹籠に出会った時のように、ふとした瞬間に、一緒に過ごしてきたたくさんの思い出が蘇る瞬間があるのではないでしょうか。

「本物と育てる暮らし」は、そんな瞬間を大切にしてもらいたいという私たちの思いを伝えていけるものだと考えています。

Roots Shopは「本物と育てる暮らし」とあなたの暮らしを結びつけるお店でありたいと思います。

3月の企画展は「暮らしのかご展」。
ぜひあなただけの、思いを込めて使える、手作りのかごを見つけにいらしてください。
今回ご紹介した「夢二籠」も、数点ですが店頭に並びます。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「暮らしのかご展」
2018.3.17(土)-3.25(日)
10:00 – 17:00 会期中無休
○出展者
・en plus (ケニア・サイザルかご)
・小林ミドリ竹籠店(新潟・竹籠)
・inaho(福島・三島の編み組み細工)
・松野屋(暮らしの荒物かご)

Roots工務店のブログ

「本物の家づくり」

アベ食う寝る72 生姜の佃煮塩昆布

前回の更新から、 二週間ですって。衝撃。 …

このブログの記事一覧

Roots工務店のブログ

「モデルハウス・ショールーム」

秋色に少しずつ

急に肌寒くなってきて、 すでに薪ストーブのお世…

このブログの記事一覧

Roots工務店のブログ

「木工所のものづくり」

栃木県 那須町 S様邸

お疲れ様です。 木工所の渡邉です。 先日…

このブログの記事一覧

Rootsデザイン室のブログ

「家と暮らし」

檜の家と育てる暮らし

Roots猪苗代では、Shopやカフェと併せて、…

このブログの記事一覧

Roots Shopのブログ

「本物と育てる物語」

– 万華鏡にひらく百の花 – 好評開催中です!

GOSHIMA絨毯新作「百花万華」発表展 – …

「Roots Shop」の記事一覧

ブログカテゴリー

月別アーカイヴ