つい先日まで半袖を着ていたのですが

曇り空の今日は、肌寒く外の景色もくすんで見え

一気に秋が来たように感じます。

 

朝晩は気温がぐっと下がりますが

暖房はまだいらないんじゃない、と思う今の時期。

動いていると気にならないのに

TVを見て寛いでいると急に寒い、と思う今の時期。

 

家づくりのご相談をお受けしていると、暑さのことより

とにかく寒い、寒さを何とかしたい。と思っている方のほうが多いです。

 

暖房で部屋は暖かくなるけれど、足元はどうしても冷たいからと、

靴下を重ね履きしたり、スリッパをはいたり。

ほとんどのみなさんが、床が冷たいと感じています。

 

床を無垢材にすると、足の裏が感じる温度が変わることご存知ですか。

 

無垢材とは、自然の木そのもののこと。

接着剤を使わず使用する形状で丸太から切り出したもののこと。

 

一般的に使われている合板フローリングとは異なります。

 

木材は断熱性が高く、周囲の温度に影響されにくい無垢材は、

触れると冬は暖かく、夏は涼しく感じます。

 

Rootsの家の床は、階段も含め無垢材が標準仕様です。

 

 

本当に足の裏が心地良いので

完成見学会でも裸足でご見学いただきたいぐらいですが

お引渡し前の大事なお家なので、そういうわけにもいかず。

 

でも郡山モデルハウスだったら、気兼ねなく、思う存分、裸足体験をしていただけます。

ご見学の際は、ぜひ裸足でお過ごしください。