「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える

しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に」

森信三

人との出逢い、また物事との出会いも必然全て必然、すべて最善

一番いいタイミングで一番いい人に出会える。そして、いいことが起こってゆく

また、役に立たないと思う人も今の自分に必要がゆえ目の前にあらわれる

さらに、わが身に降りかかってくる一切の出来事は自分にとっては絶対必然であるとともにまた実に絶対最善である

プラスのことでもマイナスのことでも一切のことはすべて必然、すべて最善

それを全て素直に受け入れることが大切

世の中はすべて公平にできているが、しかし、理屈ではそう思っていてもいざ自分の身にマイナスのことが起こればジタバタせざるを得ないのが人間の愚かしさともいえる

ただ待っていたのでは出逢えるものにも出逢えない人は一人でできることは限られている

だから、人の力を借りる自分ができないことを素直に認め、人の力を借りようとしたときにまた、新しい出逢いがある

そして、人に起こる事故も起こるべくして起こる

今までの自分ならば、あたふたしてしまうかもしれないが今の自分なら対応できる力がついたときその事故が起こる

わが身にふりかかることはすべて天意なり

大好きな言葉です。

今回の山潟小学校への移転も様々なタイミングとご縁が重なり合い実現しています。

振り返ってみると何か一つでもなかったら実現していなかったことです。

また、今年は30年の節目の年、何かに導かれているような気がしています。