家づくりのこだわり

私たちのこだわり

デザイン性が優れていたり住みやすい家だとしても、
住む人の健康と安全を脅かしたり、
長持ちしない家では本末転倒です。
「家族がいつまでも健康で幸せに暮らせる家」
をつくるという私たちの家づくりの原点を大切にして、
そのためにはどうしたら良いのかという考えのもと、
構造(工法)や素材選びをはじめどのような間取りで
どのようなデザインがその家族に合っているのかなど、
リフォームから新築までとことん考え抜き
一棟一棟つくりあげていきます。
そんな私たちのこだわりご覧ください。

耐久性のある無垢材にこだわる

10年や20年で土台や柱が朽ち果てる可能性があるような木材は使いません。特に家の屋台骨である主要な柱や梁にはウエスタンレッドシーダー(カナダヒノキ)や日本のヒノキなど材木の中でももっとも耐久性がある無垢の木材を使用しています。それは、何も知らずに建ててしまった第1棟目の自宅やモデルハウスの失敗から学んだからです。太くて大きな木材は丈夫で長持ちするだろうと思っていましたが大きな間違いだったのです。集成材や防腐材を漬け込んだ木材も使用しません。

天然乾燥にこだわる

柱や梁ばかりではなく、土台や大引など完成後は床下に隠れる重要な木材も天然乾燥にこだわっています。木材の乾燥方法は大きく分けて人工乾燥と天然乾燥に分けられますが、一般的に高温乾燥は木の本来持っている脂分や酵素を水分と一緒に吐き出されてしまい。木の本来持っているものがなくなってしまうと考えるからです。大きなコンテナを改造した高温乾燥機の扉と床にこびりついた真っ黒いドロドロとした液体を見た瞬間に高温乾燥の材料は使わないと決めました。

構造(工法)にこだわる

太い丸太や角材で作るログハウスや日本の古民家の構造を見るとまずはシンプルにバランスよく配置された美しい構造体に目を奪われます。Rootsの家は一般住宅にもその考え方を取り入れています。また、「主要な2階の柱の下には必ず柱がある」など今では忘れ去られようとしている木造建築の大切なことをもう一度整理し、現在の住宅事情に合わせて取りまとめたものがオリジナル工法であるBlox工法です。

断熱にこだわる

ヒートショック(急激な温度の変化で身体がダメージを受けること)が原因で年間なんと1万7千人が亡くなっていると言われています。Roots工務店では当初より断熱にはこだわり当時グラスウールが主流だった頃いち早く断熱パネルを導入するなど断熱にはこだわっていきました。断熱ばかりではなく樹脂サッシや木製サッシやペアガラスやトリプルガラスなどにもいち早く取り入れ、その経験と実績は揺るぎないものです。

素材にこだわる

Roots工務店は1棟のログハウスから始まりました。ちょうどその頃は一般木造住宅業界に自然素材という言葉すらなくなるほど合板やクロスなどをはじめとした工業化製品でできた新建材がどんどんとで始めた頃でした。その結果、シックハウスという病気が多くなったと考えられています。シックハウスのお客様に自信を持ってログハウスに案内したところ、1分も経たないうちにここもダメだと出て行ってしまいました。ショックでした。考えられるのは当時床や屋根の下地に使用していた合板しか考えられませんでした。それから健康に悪い可能性がある建材は使わないよに決めました。

間取りにこだわる

わたしちがつくる家は、一世代だけでなく何世代にもわたり受け継がれていくことを前提として考えられています。構造をバランスよくシンプルに配置することにより従来の木造住宅と比較して可変性が50%以上高く将来の生活スタイルの変化にも対応が容易に可能になります。流行りや一時的な強い要望を優先するのではなく、将来を視野に入れた使いやすい間取りをご提案します。

現場力にこだわる

どんなに良い素材を使っても、料理人がしっかりしてないとおいしい料理ができないように、家づくりも現場力が大事だと考えます。Roots工務店は、 住宅品質の安定供給をお届けできるよう、第三者機関による現場施工品質監査システムを導入しております。
細やかな施工品質監査を、明確な施工基準で工程に沿ってしっかり行うことで、全棟で安心・安全な住まいをつくり上げていきます。