泣きたくなるような、話ね。

会社のブログに、こういうことを書くのはあれかもしれないけど、
泣きたくなるような、話ね。

参院選と宗教のことは書かないから、
安心して。

*

泣きたくなるような、話ね。

なんで、私の命を、
自分の親やこどもの命を、
よく知らん誰かに好き勝手されなきゃいけないのよ。

*

夕飯のハムカツかじりながら、
昨日はふーと、
死んでしまうの話をして。

死んでしまうの話っていうのは、
人が死ぬということがどういうことかっていう話で。

しぬ。という言葉を幼いふーが覚えた日から、
何にも考えないでそんな言葉使ってんなよ。って意味で
なにかあるたびに話してきた話。

*

死ぬってことは、
ママが帰ってこない。っていうことだよ。
明日になっても、明後日になっても、
いくら待っても、
ママが帰ってこないってことだよ。

ふーのこと、抱っこもできないの。
一緒にごはんも食べられないの。
寝るときも、ママはいないの。

もう、会えないのが、
死ぬ、死んでしまうってことなんだよ。

*

6歳のふーに、
なんて残酷な話をするんだろう、って自分でも思うけど、
それが死んでしまうってことよね。

*

色んな本を読むふーは、
私の死んでしまうの話を、
転生で生まれ変わるから大丈夫!みたいなことで打ち返してきたりするけど、
そうじゃあないのよ、死んでしまう。って。

*

自然災害もばかやろうだけど、
人はもっとばかやろうね。

早く、
すべての人が、怖い夢をみないで眠れますように。

*

そんな、ざらざらしたことを思う一方で、
暮らしはまわるよ、ぐーるぐる。

うちのふーさん、
今朝は起きた瞬間からぎゃおぎゃお泣いて。

*

あたしね、こわいゆめ、みたの。って。

マシュマロ焼いて食べようと思ったら、
ばばに邪魔されて、食べられなかったの。

今、マシュマロ焼いて食べたい。ってふーが言うから、

お着替えと、ごはんと、お支度終わったらね。って言ったら
ぎゃおぎゃお泣いて。

*

負けたわ、ぎゃおぎゃおに。

*

ふーは、ママのことを鬼ママって言うけど、

ママはあなたに甘いのよ。
マシュマロより、ずっと、甘いのよ。

*

*

ふー、明日から夏休み。

夏休みは、ふーのお誕生日と、
キャンプと、
ジンギスカンと、
水遊びと、
山ほどの本と、

楽しいことを、山ほど、山ほど。