「ゆきちゃんが明日から来ない気がしない」って向かいの誠さんが言って。

「はは、そうね。てゆか、仕事、終わんないんだけど(笑)」って、私が言って。

そうやって、Rootsで過ごす、最後の一日が終わりそうです。
仕事終わんないから、終わんないんだけど(笑)

そうなの、あのね。
Rootsのアベユキは、今日を最後にRootsのアベユキではなくなって、
ただのアベユキも飛び越えて、ノーマルニシダユキになります。

そうそう、あのね。
結婚して、ニシダユキになったの。
似合う?ニシダユキ。
けっこう良い感じだと、思うんだけど。

 

そうそう、それでね、
すぐに話が逸れて帰って来られなくなのは、悪い癖ね。
最後の日まで、悪い、癖ね。

最後のブログに、何を書こうか。と思って、
ここ何日か、書いては消して、書いては消してをしていたんだけど、
まさかこんなにぎりぎりに「仕事終わんねー!」って言いながら書くとは、思わなかったわ。

Rootsで働きはじめて、5年くらい。
もしかしたら6年かも。

この時間のなかで、私の色々が変わって、
アベイエを建てたとか、まさかのうっかり再婚をしたとか、
そういうことではなくってね、

どうやって暮らそう。とか、どうやって生きていこうね。っていうことを
たくさん考えた毎日だったよ。

自分の食べること眠ること、その他もろもろの生きることについて、
こんなに考えたのは、私がここにいたからで、
それはこれから私が生きていくなかで、
ほんとうに、大事なものでね。

 

半分私のお楽しみ会で、半分私のライフワークで、
結局は全部私のためだった女子クラブも、
はじめた頃と今では私の考え方が違っていて、
今は、「誰も無理がないように。」それだけ。
本当に、今は、それだけ。
誰も、無理がないようにね。

色々ありすぎる世の中で、
色々苦しい世の中で、
「誰も無理がないように。」っていうのは、私のひとつの目標でもあって、それは、場所は変わってもこれからも、同じでね。

Rootsという大きな輪っかのなかで、
私に出会ってくれた人、ありがとう。

マニアックで、偏っていて、好き勝手で、言いたい放題で。
わかるでしょう?
女子クラブやこども料理に参加したことがあるあなたなら。

付き合ってくれて、ありがとうね。

女子クラブの色々を思い出すと、泣けちゃうくらい。
あの時間には、あの場所には、私の楽しいしかなかったの。
ありがとうね、ありがとうね。

 

アベイエを建てることになったその日から書き続けてきたこのブログも、
今日でおしまい。
楽しかったね。

これから私のどろどろは、どこに吐き出せばいいのよね。
他の人より溜まる澱が多いのよ。

 

酸素が薄いような、毎日だね。
そんななかでも、無理がないようにね。
あなたも、あなたもね。

大体でいいじゃない。
なんとなくで、いいじゃない。
あなたに無理がないように。
それが一番の良い塩梅だからね。

最後のブログ、こんな感じで良いのかしら?
書きたいことだらけだったはずなのに、
今になったら、これでもう、十分ね。

元気でね、ありがとうね、無理がないようにね。
あと、これからのRootsを、よろしくね。